ブログ

blog

新築住宅 中野市W様邸

高出力の太陽光発電でオール電化の家。
究極の省エネ「光熱費ゼロ」を目指した住宅です。
平板陶器瓦葺の屋根に、太陽光発電パネル5.1kwを設置。
深夜電力蓄熱式温水器と暖房は、深夜電力蓄熱温水器パネルヒーターを使用することで、オール電化ならではのクリーンな室内環境をもたらします。
構造材は頑丈な国産材を100%使用した、国の認定住宅です。
*CASBB(建築環境の性能を総合的に評価するためのツール)の評価がSグレードと認定されました。
住宅街の雰囲気と調和する清潔感あふれる外観。
旧家時代からの植栽をそのまま残した外構は、今までの馴染みある風景を残しました。
玄関脇のテラスデッキでガーデニングも楽しめます。
リビングは開放感のある吹抜けに。
広い空間は窓とライティングレールで明るく演出しました。
和室は障子の建具を全て引き込め、解放的な空間が更に広がります。
ダイニング部分は無垢かば桜の床張りで、同じ部材で棚も作りました。
ピンクのシンクが個性的でかわいいクリナップのキッチンを採用。
リビングダイニングと対面のキッチンは奥様のご希望で、料理をしながら家族との会話を楽しめます。
キッチンの食器棚にカウンターと窓を配置しました。
1階トイレ・洗面室はタイルで華やかに清潔感を。
2階フリースペースには本棚とベンチを配置。
木の温かみとパネルヒーターで冬でも暖かに。
吹抜けの壁面の2面に配したキャットウォークは高い窓やライトの調節が容易です。
屋根裏にはほぼ全面を利用した収納スペースがあります。