開催しました、「太陽光問題解決セミナー」

いま、話題の2019年問題についてセミナーを行いました。


どんな問題かと言いますと…

「売電期間の終了後、余剰電力の取り扱いをどうするか」といった問題です。

2009年に売電制度「余剰電力買取制度」がスタートしました。
余剰電力買取制度における売電期間は10年間と制限があるため、制度開始から10年目となる来年2019年には初めて「売電期間の満了」を迎える設置者が多くでてきます。

今回は、間近に迫った「2019年問題」について今後の見通しや対応策について解説していただきました。 

 

 

今後も定期的に「太陽光の売電に関するセミナー」を開催していく予定です。

2020年以降も同様に、売電期間が終了となる設置者は毎年現れます。
該当するか否かに関わらず、業界の動向を把握し、多くの選択肢を踏まえて検討する機会になればと思います。